漢方についてのお勉強

漢方には『未病を治す』という考え方があります。
未病とは、病気にむかいつつある状態のこと。例えば、手足の冷えやだるさなどの体の不調は、病気のサインかもしれません。
『未病を治す』とは、病気が発症する前にくい止めようという考え方です。
漢方の考え方を身につければ、早めに自分で気をつけることができ、つらい症状をコントロールすることができるようになります。

漢方とは?

五千年の歴史をもつ東洋の伝統医術で、薬は草根木皮など自然界にあるものを材料にしています。
漢方薬はもともと中国から伝わったものですが、日本の気候・風土・生活環境・食生活と、日本人の体質に適した形で受け継がれてきました。
こころの持ち方や、生活の仕方など日ごろの養生全体を漢方(法とかくこともある)といい、その漢方で予防や治療に用いられる薬が漢方薬です。

どんな診断をするの?

漢方では、「四診(ししん)」という、独自の診察があります。
「見る・聞く・嗅ぐ・触る」といった五感をフルに使って患者さんを診察していく方法です。
顔色や表情、態度、姿勢の様子などを診る望診(ぼうしん)。声の大きさやトーン、話し方、呼吸音などを聞く聞診(ぶんしん)。自覚症状や発症の時期などを聞く問診(もんしん)。そして、体に触れてその状態を診る切診(せっしん)があります。
漢方を処方する場合は、医師は患者の「証(しょう)」(本人の自覚症状)を見立てなければならず、そのために四診が行われるのです。

私たちのカラダと「気・血・水」

漢方では病気を診断するために、「証(しょう)」のほかに「気・血・水(き・けつ・すい)」という漢方独特の見立て方をします。
これは、体を構成する基本的な成分をいいます。
これらは互いに助け合い、コントロールし合いながら全身をめぐっていると考えられています。
3つの要素が不足したり、滞ったり、偏ったりしたときに、不調や病気、障害が起きてくると考えられています。これが漢方の根本的な考えになっています。

それぞれのはたらき
「気」とは、人の生命エネルギーであり、生理的な活動を意味しています。
「血」は血液とその働きであり、全身に栄養を与え、潤す作用を意味しています。
「水」は体内にある組織液や消化液などすべての水分を意味します。

今日のようなストレス社会では、体の不調が心に影響を与えたり、心の持ち方によって体に変調が現れたりします。
漢方の考え方では「心と体は一つ」。
自然治癒力を高め、心身ともに健やかに暮らせるよう、日々の生活を見直し正すこと(未病理念)が本当の健康につながると考えます。


漢方薬でしっかり対策